自動車保険の補償内容

自動車保険とは、自動車の利用時に発生する損害を軽減させる為の損害保険です。
種類は2つあり強制保険と任意保険です。

 

強制保険の内容は、障害による損害、後遺障害による損害、死亡による損害に分けられています。
障害による損害では、治療費、文書科、休業損害、慰謝料などが支払われる事が多く、支払われる限度額は被害者1人につき120万となっています。

 

後遺障害による損害は、障害の程度によって逸失利益、慰謝料などが支払われる事となります。
後遺障害とは、わかりやすく言うと後遺症です。
逸失利益とは、障害による労働能力の減少が原因で収入減分の利益の事です。
限度額は要介護1級4000万、2級3000万、これら以外では75万から3000万となっています。
死亡による損害は葬儀費、逸失利益、慰謝料などが支払われる事となり、限度額は1人につき3000万です。

 

 

任意保険の内容は、保険会社によって異なりますが基本、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、人身傷害に関する保険、車両保険などです。

 

対人賠償保険は、他人を怪我させた場合、死亡させた場合が対象の保険です。
対物賠償保険は、他の車、自転車など物にぶつけ破損させた場合が対象の保険です。
搭乗者傷害保険は、車に乗っている人の怪我死亡を対象とした保険です。
自損事故保険は、単独で車の事故を起こした場合が対象の保険です。
無保険車傷害保険は、こちらは相手方が保険に入っていない場合に適用される保険です。
人身傷害に関する保険は、怪我をした治療費を全額負担するといった内容です。
車両保険は、運転手の車が破損した場合の保険です。