第三者への補償

自動車を運転している方は、皆さん自動車保険に加入されているかと思います。
その中でも第三者に対して補償をするものには対人賠償保険というものがあります。
対人賠償保険というのは、事故で歩行者などの第三者にけがをさせてしまった場合の治療費や働けない間の収入、また死亡させてしまった場合の賠償金など、法律で加入を義務付けられている自賠責保険では補いきれない部分をカバーするもので、支払い限度額は無制限に設定されていることがほとんどです。
しかし、この対人賠償保険の「対人」の対象となるのは、あくまで第三者の他人であるということが重要です。つまり、運転者本人や建物は対象にはならないということです。
また、加入者の家族も対象外となります。加入者と同乗している家族の事故や、加入者が運転している時に家族にけがをさせてしまった場合も対象外です。
さらに、加入者本人の自動車を知人や友人が加入者本人の了承を得て運転をし、事故を起こした場合はその運転者も対象外となります。その車に加入者本人が同乗している場合も対象とはなりません。
対人賠償保険の性質をよく理解し、保険の対象が何であるかを確かめた上で、自動車保険の内容を充実させていくことが重要です。

!