自分や同乗者への補償

自動車保険は、相手に与えた損害の他に、自分や同乗者のことを考慮することも大切です。現在の保険では一般的に対人賠償無制限、対物賠償無制限を掛ける方が多いのですが、自分の側の事はあまり考えられていないようです。
自動車保険には、人身傷害保険、搭乗者傷害保険というものがあり、これは自動車に正規の乗り方、つまり座席に座って、シートベルト、チャイルドシートなどの装着をきちんと行った状態で事故にあい死亡もしくはけがなどをした場合に支払われるものです。
万が一事故を起こした場合、基本的に事故の加害者側が被害者側に保険金を支払うことは当たり前ですが、相手方が十分な保険に入っていなかったりした場合に、十分な保険金が支払われない場合もあります。当然ながら自分が加害者になってしまった場合、相手への補償が必要です。対人賠償保険では加害者側には支払われません。治療費などは自己負担となってしまいます。この場合であっても、人身傷害保険、搭乗者傷害保険に入っていれば、保険金を受け取ることができます。
最近は何かとお金がかかります。けがをした場合の通院費なども余分な出費です。自分自身と家族のことを守るために、また、安心して同乗者を乗せることができるように、人身傷害保険、搭乗者傷害保険は必要なものです。