無保険車傷害保険

 

交通事故に遭った場合に相手が「無保険車」ということがあります。無保険車というのは、「任意保険の対人賠償保険に加入していない場合」、「保険に加入していても、何らかの事情で保険が適用されない場合」、「保険金額が損害額を下回る場合」、「ひき逃げなど、加害者を特定できない場合」を言います。

 

無保険車による事故の場合は、相手に請求できる金額は自賠責保険の上限金額が限度となるため、損害賠償額に満たないことが起きてきます。そのような場合に備えられている保険が、「無保険車傷害保険」です。損害賠償分の保険金が受領できない時に、足りない分を補填してもらえます。実は、任意保険に加入すると自動的に付帯される保険であるため、任意保険の契約車は全員が加入していることになっています。

 

また、被保険者やその家族の場合は、被保険車以外の車に乗っていたり、歩行中であったりした時の事故でも、保険の対象になります。ただし、あくまでも人身事故を対象としている保険であるため、無保険車によって物を壊されても保険金は出ません。

 

なお、支払われる保険金の額は、自分の契約している対人賠償保険の保険金、若しくは2億円が上限となります。ちなみに、人身傷害保険に加入している場合には、人身傷害保険から優先的に支払われることになります.