搭乗者傷害補償保険

搭乗者傷害補償保険は自動車に乗っていて事故が起きたときに出る保険です。対人賠償保険とは違い、搭乗者全員を対象とし、運転していた人も、同情していた人も同じように賠償されます。また対人賠償保険、人身傷害賠償保険や、自損事故保険のように過失割合に応じて賠償される仕組みではなく、事故の被害により一律に賠償されます。更に賠償の内容が他の保険と重なっても、そのことには関係なく保険金が出ます。その点が他の保険とは大きく異なっています。つまり他の保険はまず自賠責保険で賠償され、それで足りない分を対人賠償保険で賠償して、それでも足りない分を人身傷害賠償保険で賠償すると言う風に足りない所を補っていくようになっているので、人身事故でも自賠責保険だけで済めば、任意保険は使われないと言う風になります。しかしこの保険はそういう仕組みではなく、搭乗者が死傷した場合に無条件で賠償してくれる保険で、他の保険と重なった場合も二重に保険金を貰うことができる保険です。

 

しかも保険金は高くはないので、入って損のない保険と言えます。搭乗者限定で交通事故限定の傷害保険のようなものです。しかしこの保険はどうしても必要な保険ともいえないので、もし保険料を安くしたのであれば人身傷害賠償保険だけにして外すことも考えられます。