車両保険

gf0110094133l

 

 

 

任意保険は強制保険である自賠責保険で足りない分を補う保険ですが、対人賠償保険も対物賠償保険も、自分が加害者になったときに、被害者への賠償に使う保険です。つまり自分が加害者であり、かつ被害が自分や自分の家族など身内の人である場合は使えないのです。そういう自分の責任で自分への被害があったときに使える保険もあります。それが自損事故賠償保険や車両保険です。自損事故賠償保険は対人賠償保険とほぼ同じ内容を自損事故などの自分の責任で起こった事故の時に使えます。

 

同じように対物賠償保険に当たるのがこの保険です。通常単独事故の時にも使える契約と、相手がある事故に限定した契約があります。単独事故でも使える保険はかなり保険金が高くなっています。単独事故を除いた契約だと、通常の相手のある事故のときに過失割合に応じて、相手が悪い分はこちらの損害を相手の対物賠償保険で賠償してくれますが、過失割合で減額された分は、自分で出さないといけません。そのときに自分の責任の分の修理費に利用できる事になります。使える条件が厳しいように感じますが、実際の車対車の事故の場合、過失割合は5分5分に近い場合も多く、もちろん全面的に自分が悪い事もありうるので、十分実用的な保険です。