対人賠償保険

自動車の保険には自賠責保険と任意保険の2つの種類があるわけですが、自賠責保険は強制的に加入を強いられるもので、任意保険は自動車を運転する人が任意に加入を行うと言う違いが有ります。
自賠責保険は強制的に加入を強いられますが、自賠責保険では対人のみの保険となりますので、万が一事故を起こし、器物破損や相手の車を損傷した場合など、その修理費用などは全て自己負担をしなければなりません。

そのため、任意保険に加入をし、対物に対する保険に加入をする人が多いのです。
また、任意保険には対人賠償保険があります。
この保険は、自賠責保険の保険だけでは賄いきれない場合に役立つ保険になるものです。

自賠責保険では相手を怪我させた場合では120万円、相手を死亡させてしまった場合は3000万円、相手が後遺症を持った場合は4000万円と言う金額になっており、いずれも自賠責保険だけでは賄い切れないケースが多いと言います。
そのため、対人に対する賠償保険を加入し、万が一に備えることになるのです。
一般的には、自賠責保険が先に使われ、それでは不足する場合に、任意加入を行う保険から保険金が支払われる仕組みになっていますので、超過額を支払う保険でもあるのです。